【ご報告と次回予告】台湾ポップミュージックの歴史と概要、無事放送できました!

ありがとうございました!

昨日、11月18日の20時半より「台湾ポップミュージックの歴史と概要」について無事放送を終えることができました!

台湾×ポップミュージックというニッチなジャンルで、誰も聴いてくれないかもしれないなぁ・・・まぁ、自分のためにやっているところが大きいからいっか!と思ったのですが、ご視聴頂き、また放送後も再生数が伸びており。とても嬉しく思っています。

本当にありがとうございました。

 

こちらがアーカイブ動画になります。本編は3:25から始まります!


台湾ポップミュージックの歴史と概要〜ジェイチョウ以前と以後〜

 

訂正とお詫び

まずは放送の内容で一点、訂正とお詫びがあります!

動画の15:00頃~「陳達さんが、アトランタオリンピックのテーマソングで勝手に声をサンプリングされたことで」というように申し上げましたが、正しくは陳達さんではなく「郭英男(Difang)」さんでした・・・!

間違った知識をお伝えしてしまったことを反省するとともにお詫び申し上げます・・・! 


アトランタオリンピックのテーマソング

 

www.youtube.com

 

サンプリングされた原曲「老人飲酒歌」。

www.youtube.com

 

感想

初めてのYoutube放送で、ハプニングやうまくいかなかったこと、思い通りにいかなかったことはたくさんありましたが、私自身とても楽しくお話しさせていただきました。

 

放送を終えたあと、ぽや~っと思い出したのは意外にも家族の記憶でした。

私が小学生のころ、実家は決して裕福ではなかったと思うのですが、本や音楽は特に制限なく与えてもらい、週末になると父がレンタルCDショップに連れて行ってくれるのがものすごく楽しみでした。

当時はあまりアンダーグラウンドな音楽を知らなかったので、ヒットチャートのCDを中心にたくさんの音楽を聴かせてもらったり、またピアノを習わせてもらったりなどを通して、わたしは音楽好きに育ったなぁと思います。

さらに、ピアノのレッスンの中で、ピアノのメロディの聞き取り&五線譜への書き写しの練習などもあり、これも今思えば「音を集中して聴くこと」という一つの趣味を育ててもらったなぁと感じています。

 

その、家族の思い出×学生時代からちょっとずつあたためてきた海外志向×社会人になってからの中国語の勉強×台湾旅行で築いた台湾愛w

 

みたいなものをまとめることができたことを

とても嬉しく思っています。

これが今の素の自分にできること、作れる物なんだなー!って思いました。

 

次回のテーマは「台湾音楽×日本語」

というわけで、次回もまたニッチなジャンルから情報をお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

「台湾音楽×日本語」~台湾音楽の中で、日本語はどのように使われてきたのか?~

台湾のヒットチャートを調べていると、ときどき曲中で日本語を耳にすることができます。

それは時に懐かしく、時に新鮮で、また斬新な響きを持っていますね。

次回の放送ではそのようになった背景や、実際の曲の紹介もさせていただきたいと思います!

どうぞよろしくお願いいたします♪♪

 

放送予定日時:12月9日(土)20時30分~(予定)

場所:Youtubeライブストリーミングにて♪

www.youtube.com