3年前の今ごろ。

f:id:guguco:20180630210305j:plain

 

3年前の今ごろ、会社を辞め、台湾に約2週間滞在しました。台北Revolver、Wakeup Festival、高雄WAREHOUSEなどはじめて訪れる場所に行って、はじめて会う人とたくさん話し、はじめての記事をたくさん書いて、ドラマみたいな2週間を過ごしました。

 

 

「台湾の音楽について、もっと世の中に広めたら、面白いことになるだろう」

 

 

そんな確信だけが、灯っていました。とはいえ、音楽活動を中途半端に終わらせてきた私に人脈や実績はなく(笑)。頼りにできるのは、「センス」だけでした。

 

f:id:guguco:20180626045518j:plain

出発前、羽田空港に向かう道

 

誰と会い、何を話すか、何を書いて伝えるか、といった意思決定を、短い時間の中で、その場でし続けることは、それまで経験がありませんでした。

 

自分の頭で企画を考え、判断して、効果を測定し、次に生かす。ただそれだけのことなのに、こんなに難しいとは…。

 

でも、ここで経験したことは、確実に人生を前に進ませてくれました。

 

f:id:guguco:20180703115853j:plain

 

不器用でもいったん自己ベストを尽くすこと、一人ひとりと話すこと、センスに最後まで賭けること、どんな結果が来ても逃げないこと。

 

タピオカミルクレコードのスタンスは、あの台湾での時間を経て、カタチになったような気がします。機能としての不器用さを受け入れてくれる周囲に感謝をしながら。

 

f:id:guguco:20180703203023j:plain

 

「本当の自分で生きる」ってなんだろう、とよく思います。

 

やりたいことを我慢しても人生は続くし、好きなものを好きと言わなくてもやっていけるし、本音を言わなくても人間関係を築くことは一定可能です。

 

むしろその方が穏やかで、波風が立たないかもしれない。

 

さみしいときも辛いときも、安定してニコニコしていたほうが。。。

 

でも…。。。だけど。。。

 

でもやっぱり言っておいた方がいいんじゃないか。

 

いやでも行動を起こしたら気まずくなるんじゃないか…

 

でも、たとえ気まずくても、これだけはやっておいたほうがいいんじゃないか。

 

そんな思考回路で、企画や記事を書き続けてきました。

 

3年前の今ごろ、思っていたことや感じたことは殆ど、事実としてアウトプットをし、伏線をあらかた回収し尽くしたと思っています。

 

一方で、本当に大事なことは、まだ何も伝えられていないような気がします。

 

 

お元気ですか?

私はずっと、あの時の共感と、少しの痛みの中で、生きています。