【おすすめ台湾インディーズ音楽】「心で繋がる、エモーショナルロック。」煙雨飄渺 Rain of Sorrow【煙囪 Chimney】

こんにちは!Tapioca Milk Recordsです♪

 

3月になりましたが、真冬並みの気温で、雨が相当冷たいですね。

私はそんな中、お気に入りのダウンコートにチーズをこぼしまして、

もう着るものがなく大ピンチです…

 

さて、そんなぼやきはさておき、

今日は「雨」つながり。バンド名に「雨」が入っている台湾のインディーズバンドで、

なおかつ!

ずーっとブログでプッシュしたかった曲をご紹介します♪

 

今日ご紹介するバンドは、

ロックが好き!

フェスで映えるようなバンドが好き!

体温が上がる音楽が好き!

 

そんな方にとてもオススメです♪

それではまず、一曲お聴きください♪

 

  

煙雨飄渺 Rain of Sorrow【煙囪 Chimney】Official Music Video

 

www.youtube.com

 

被染上灰色的妳,
別哭了,我會用盡全力守護著妳。

(灰色に染まる君。

 泣かないで、僕はただ、君を全力で守るから。

 …Youtubeのキャプションより引用、超意訳:ぐーちゃん

 

私は、この曲を聴きながら、

アップテンポではなく、

激しいビートを刻んでいるわけでもないのに、

「素直さ」と「想いの強さ」と「熱さ」を感じました。

 

というのも、色々なバンドを観ていると2つのタイプあると思っているんです。

音楽に対して演技が入るタイプと、入らないタイプです。

 

それってルックスとか特に関係ないと思っていまして、私は。

 

(ルックスが良いからといって、

 必ずしもステージの自分を意識しているわけではないし、

 

 ボロボロの格好をしているからといって、

 ステージの自分に酔わないわけじゃない ということです。)

 

それはもう、ミュージシャンとしてというよりは、

人としてのありかたの部分がすごく影響していると思うんですよね。

 

彼らは今時の若者っぽくて、ザ  ロックバンド。的なルックスをしているんですが、

曲を聞いていると、こういう音を出したいんだ。っていうのに忠実で、

今の彼らにできる技術でちゃんとぶつかってきてくれている、という誠実さを感じるのです。

 

だからこそ、

この感覚がYouTubeの動画で国境を超えて伝わってくるってどういうこと…!?

ライブで聴いたらどうなっちゃうの…!?

 

っていう期待を持ってしまいます!

 

これは日本の大型フェスで観たい※バンドです…!

 

(注※私は屋外と暑いところ、寒いところが比較的苦手なので、フェスのDVDを家で見るのでも可。

 ただし大型フェスへ出演しないととDVDも発生しないので、

 まずは出演していただくことが重要です。)

 

そしてこのバンドの良いところは、音楽が素晴らしいだけでなく、

精力的に活動しているところや、グッズの質という部分においても、すごく総合力が高いんです。

 

それでは、バンドのご紹介をしていきます♪

 

バンドについて。 煙雨飄渺 Rain of Sorrow

f:id:guguco:20180308090036j:plain

(煙雨飄渺のindievoxより許可を頂いて写真をお借りしました。ありがとうございます…!)

 

煙雨飄渺 Rain of Sorrowは2015年結成、台湾の高雄市を活動拠点としています。

 

メンバーはVocal/Guitarの丁丁(Dīngdīng)、Guitar:宏恩(Hóng ēn)、Bass:有程(Yǒu chéng)、Drum:育彬(Yù bīn)の4名構成です。

 

また今年はとても精力的に音楽活動を展開しており、

今週末の3月10日(土)は台南市のTCRC

3月11日(日)は高雄市のLIVE WAREHOUSEにて「頭部組成者 Head Composer」との対バンイベントに、

3月17日(日)は同じく高雄市の山羊酒店にてライブを開催するなどの情報が入っています。

 

ちなみに、頭部組成者 Head Composerはこんな感じです。テクニカル~…!

www.youtube.com

 

というわけで、今後台湾まで足を運べば見られる可能性もありますし、

もう私の中では、きっといずれ日本にも名を轟かせてくると思うし

今後も活動を積極的に追っていきたいバンドです♪

 

(個人的には草東沒有派對と対バンしてくれたら、嬉しくて、倒れる自信があります♪)

 

彼らから届いた、大きな野望。

こんな彼らにコンタクトを試みたところ…こんなお話を聞かせて頂くことができました。

 

Q.日本の音楽イベントに出演する予定はありますか?

A.今年の末ごろにアルバムをリリースする予定です。

 その後、もし機会があったら、日本でも演奏してみたい!とのこと。

 

Q2.今後の目標は何ですか?

A.短期的な目標は、資金を準備し、アルバムを無事リリースすること。

 長期的な目標は、世界各地の大型フェスで演奏をしてみたい! とのことです♪

 

日本の大型フェスの関係者様…!

素晴らしい可能性のある彼らをぜひにチェックお願いいたします!!!

 

Tシャツ、かっこよすぎ問題

ここでもう一つご紹介したいのが、彼らのグッズのTシャツなのですが…!

私はね、すごくかっこいいと思うんですよ。

 

というのも…じゃん!

f:id:guguco:20180308094246j:plain

 (facebookより許可を頂いて画像を引用させていただきました

 

わぁ~!!!(*´▽`*)って感じじゃないですか!?

 

彼らのバンド名であるロゴのRAIN OF SORROWの文字は大きすぎず、小さすぎずで、観た感じの身幅とか皺の寄り方も良いですし、こだわって作られているのが写真から

すごく、すごーく伝わってくるんです!

 

私はTシャツ着ない文化を持っているのですが、それでもこれは欲しい…

そして鑑賞して眺めてニヤニヤしたいです。

 

お値段も550NTD(約2,000円。本日のレートに基づく)程度というのもありがたいですよねぇ。

 

限定50着とのことですが、まだ買えるのでしょうか。台湾現地にお住まいの方、ライブなどで見かけたら情報を頂けないでしょうか…!?

 

こんな総合力の高いバンド、煙雨飄渺 Rain of Sorrowは本当におすすめです♪♪

 

公式情報。

こまめに更新されているfacebookはコチラ。

www.facebook.com

音源の視聴などもできるINDIE VOXはコチラ。

www.indievox.com

 

今日も明日も雨の予報。それでも、いい音楽と生きる、いい一日でありますように。

 

Tapioca Milk Recordsでした(*^^*)